麻雀を楽しむうえで守るべきマナー

フリー雀荘に行けば初対面の方と麻雀を打つことになるため、最低限のマナーを覚えておく必要があります。特に初心者の方は点数計算が遅かったり、ルールに慣れていないなど、他の方に色々と教えてもうらことが増えますので、マナーはしっかり守りましょう。

少しだけ牌山を前に出す

ゲームを始めるために牌山を積みますが、この時に山全体を少し前に出すのがマナーとされています。こうすることで、対面の方が牌を取りやすくなります。牌を取る際に手を伸ばす動作は腰に負担をかけるため、できるだけ取りやすい位置に移動することが大切です。ただし、牌山を前に出しすぎてしまうと河が狭くなってしまうので注意しましょう。

使うのは片方の手だけ

使うのは片方の手だけ

麻雀では、牌山完了後からアガりが出るまで片手のみしか使用できません。両手を使用する時は、最初に牌山を前に出す時、聴牌時に手配を倒す時 理牌する時と決められています。片手でやらなければいけないことを両手でやるのは無駄ですし、イカサマをしているのではないかと疑われてしまう可能性もあります。初心者の方でも少し練習すれば慣れてきますので、初めから片手だけで打つように心がけましょう。

言動に気をつける

言動に気をつける

仲間内で行う麻雀であれば、楽しく喋りながら打つことも多いです。しかし、雀荘で麻雀をする場合は、周りの迷惑になりますので不要な言動は控えましょう。特に、自分が有利になるように「ウソ」の情報を言って相手を誘導する「三味線行為」は絶対にしてはいけません。意図的にウソをつくのはもちろんいけませんが、自分で意識していなくても三味線行為になってしまうこともあります。「失敗したー」「全然ダメだな」など、軽く発した言葉でも三味線行為とみなされてしまうことがありますので、迂闊な発言には気をつけましょう。

仙台京都神戸名古屋広島など全国各地に店舗を構えるマーチャオは、初心者からプロまで楽しめる雀荘です。様々なイベントを行っており、麻雀大会も随時開催しています。
雀荘をお探しの方は、ぜひマーチャオにお越しください!

Top