初めて麻雀をする人のための基本ルール

初めて麻雀をする人のための基本ルール

麻雀といえばルールが複雑で敷居も高いと思われがちですが、実際はそこまで難しくなく、誰でも気軽に楽しめるゲームです。最近では様々な大会が開催されていて、女流プロなども活躍しているため、麻雀人気はますます高まっています。そこでこちらでは、初めて麻雀をする人のために基本的なルールをご説明します。

面子の種類

面子は牌の組み合わせを表していて、順子と刻子があります。

― 順子(シュンツ) ―

順子は1・2・3や4・5・6というように、3つ続いている数牌を集めることです。この3枚で1つのグループとして成立します。ただし、8・9・1などの数字が一巡しているものは使えないため注意が必要です。また、種類も同一でなければいけません。

― 刻子(コーツ) ―

同じ種類の牌を3枚集めたものを刻子といい、数牌だけでなく字牌で集めても1つのグループとして成立します。アガるためには、順子、刻子どちらの場合でも「3枚1グループ」の組み合わせが「4つ」必要です。

雀頭(ジャントウ)

アタマとも呼ばれている雀頭は、アガるために必ず1つ作らなければいけません。牌の種類に指定はなく、同じ牌が2枚1組で成立します。

赤牌ってなに?

牌には赤牌と呼ばれている赤色の牌があります。赤牌を持っていると得点が加算されるため、無理な手にならない場合はできるだけ残しておくのがおすすめです。萬子、索子、筒子の5が赤牌とされており、ゲームが始まる前に通常の牌と交換しておきます。

アガりの形を知ろう!

アガりの形を知ろう!

麻雀でアガるには14枚の牌が必要になります。14枚の牌の揃え方は「3枚1組の面子が4つ・2枚1組の雀頭が1つ」というルールがあります。麻雀はどれだけ早くアガれるか競うゲームですので、いち早く面子と雀頭を揃えましょう。

麻雀の基本的なルールを覚えて、実際に打ってみたいという方は、ぜひ一度マーチャオへご来店ください。マーチャオでは、皆さんが楽しめる大会やイベントを定期的に開催しております。大会に参加して経験を積むことで、自身のスキルアップに繋げることができます。また、ニコ生で麻雀の無料動画配信も行っておりますので、ぜひご覧ください。

Top