麻雀の豆知識

意外と知られていない麻雀の豆知識をご紹介しています。話のネタとして覚えておくと便利な豆知識ですので、麻雀初心者の方もベテランの方も、ぜひご覧になってみてください。

麻雀と呼ばれるようになった経緯は?

諸説ありますが、麻雀の原型となったカードゲーム「馬弔(マーチャオ)」が語源と言われています。それがやがて「マーチャン」となり、次第に「麻雀(マージャン)」と呼ばれるようになりました。

「雀」という漢字が使われる理由

「雀」という漢字が使われる理由

中国北部では「麻将」と記載しますが、日本や中国南部では「麻雀」と記載します。雀という漢字が当てられたのは様々な説がありますが、音に由来していると言われています。牌を混ぜる時に出る音が竹林から聞こえる雀の鳴き声に似ていることから、漢字で表現されるようになったそうです。

麻雀を日本に持ち込んだのは誰?

様々な人物が挙げられている中で有力とされているのは、英語教師であった名川彦作です。赴任先だった中国の四川省で麻雀と出会い、1909年に日本へ帰国した際に、麻雀牌とルールを持ち込んだとされています。

麻雀の日がある

ゴロ合わせで、牌(パイ)と読むことができる8月1日は、マージャンの日に制定されています。その他の候補として(テンパイ)のゴロ合わせの10月8日、マージャンの紀元が中国にあることから、中国の建国記念日の10月1日などの案もあったそうです。

「テンパる」は麻雀が語源

「テンパる」は麻雀が語源

高い緊張状態・パニックに近い状態にある人を表すフレーズとして、「テンパる」という言葉を耳にしたり使ったりすることがあると思います。この言葉の由来は麻雀にあります。麻雀では、あと一つ牌が揃えばアガれる状態のことを「テンパイ」といいます。

そこから「テンパる」という言葉が生まれ、今では余裕がない状態を表す時に使われるようになりました。

楽しく麻雀を打つなら、日本各地に雀荘を展開しているマーチャオにお越しください。初心者からベテランの方まで、笑顔になれる雀荘です。これまで、雀荘を訪れたことがない初心者の方も、安心してご利用いただけます。京都梅田なんば千葉名古屋・東京などに店舗を構えておりますので、ぜひお近くの店舗までご来店ください。

breitling replica breitling fake

fake hublot cheap replica breitling replica Tag Heuer
Top