世界各国の麻雀

19世紀後半に中国で誕生した麻雀は、今では世界各国普及し、老若男女問わず多くの方に楽しまれています。ルールは国によって異なり、標準とされるものの他にも様々なローカルルールが生まれています。
では、世界各国の麻雀とは一体どのようなものなのでしょうか?

アメリカ麻雀

アメリカ麻雀

特徴として、まずは牌の数の違いが挙げられます。日本で一般的に行われている麻雀では、136個の牌を使っています。一方、アメリカ麻雀では、花牌8牌とジョーカー8牌をプラスした152牌を使って行われています。また、役が多いこともアメリカ麻雀の大きな特徴です。緑一色・七対子・ゴールデンゲートブリッジなど、様々なローカル役満があります。ユニークな役満ばかりですので、ご興味のある方は色々と調べてみてはいかがでしょうか。

四川麻雀

四川麻雀

人気が高まりつつある四川麻雀は、字牌は一切使用せず数字牌のみを使用し、一回のプレイ時間が短いです。そのため、親子や場がありません。また、チーはできず、アガりは「欠一門(チェイメン)」でなければいけないというルールがあります。

韓国麻雀

韓国麻雀は朝鮮時代からあったと言われていますが、その当時は一部の上層階級の人々だけで楽しまれていたようです。一般の人々にも楽しまれるようになったのは、日帝強占期に日本式の麻雀が伝わってからです。しかし、麻雀に対してギャンブルというイメージを持たれる方も多く、プレイ人口は日本ほど多くはありません。そのため共通のルールは存在せず、アガり役の翻数や細かいルールは、麻雀本によっても異なるそうです。

フリーで麻雀を楽しむなら、マーチャオをご利用ください。京都梅田なんば名古屋千葉など、様々な地域に雀荘を構えております。どなた様も楽しめる雀荘ですので、初めてフリーで訪れる方も安心してご来店いただけます。また、マーチャオには、お客様の成績によってキャラクターが進化する独自の管理システムをご用意しております。ご登録いただければ、お客様ご自身の成績・店舗ごとのランキング・グループバトルの成績などをネットでチェックすることができますので、スキルを高めたい方にも最適です。

breitling replica breitling fake

fake hublot cheap replica breitling replica Tag Heuer
Top