リーチをかけるベストなタイミング

日常会話でも使われている「リーチ」は、麻雀の基本中の基本となる攻撃です。
では、そのリーチは、一体いつかけるのがベストなのでしょうか?

リーチをする前提条件

リーチができるのは、ポン、カン、チーの鳴きがない門前(メンゼン)の時と、アガりに必要な牌が残り一枚の聴牌(テンパイ)の時です。誤リーチはチョンボになり、罰則を受けてしまいますので注意しましょう。

リーチした後はどうなるのか

リーチした後はどうなるのか

リーチをかけてアガると得点として1翻つき、裏ドラを見ることができます。裏ドラは、ドラ表示牌の下にある牌のことで、手牌の中にあると更なる得点アップが狙えます。しかし、リーチをすると自分の手を変更することができなくなるというルールもあります。

そのため、リーチをかけた後は自分で当たり牌をツモるか、他のプレイヤーからロンをするのを待つしかなくなります。つまり、リーチを上手く使いこなせてこそ勝ちに近づけるということです。

リーチをかけるタイミング!

リーチをかけるタイミング!

麻雀では欠かせないリーチですが、できる状態になったからといっていつリーチをかけてもいいわけではありません。勝ちを掴むには、リーチをかけるタイミングが大切です。

例えば、両面待ちで役がついてない時はリーチをかけると良いでしょう。リーチをかけることで、安い手ではありますがアガることができ、裏ドラがのる可能性もあります。また、待ちを変えることが難しく、リーチをすれば5200点以上を狙える時もベストタイミングです。
ただし、他のプレイヤーがリーチをかけている時は振り込む可能性がありますので、リーチをかけるのは避けたほうがいいでしょう。

大会などで上位を狙っていくには、リーチをかけるタイミングが重要になります。大会に出て好成績を残したいと思っている方は、最適なタイミングでリーチをかけられるように、常に意識して打ってみてください。

全国に店舗を構えているマーチャオでは、トッププロ女流プロが多数在籍し、麻雀大会も随時開催しております。ニコ生で麻雀の無料動画配信しておりますので、興味のある方はぜひご覧になってみてください。

breitling replica breitling fake

fake hublot cheap replica breitling replica Tag Heuer
Top