ブームを巻き起こした麻雀の歴史

実力だけでなく、勝負運も大きく影響するゲーム性が魅力の麻雀。現在では、男性だけでなく若い女性からも人気となっています。そんな老若男女問わず楽しめる麻雀は、どのように日本に伝わってきたのでしょうか。

「麻雀」のはじまり

ブームを巻き起こした麻雀の歴史

麻雀は千年以上もの歴史を辿ってきた遊戯で、中国が発祥の地です。中国では、古来より木の葉や紙などを利用したゲームが多数あり、その一つである「マーチャオ(紙牌)」が改良され、象牙や牛骨製の牌を用いた現代の麻雀の形へと変わりました。

近代麻雀が生まれたのは、中国が長い鎖国時代に幕を下ろした頃で、その頃はたくさんの外国人が中国を訪れていました。そのため、自然と外国人の間でも麻雀を楽しむ人が出てきて、麻雀の魅力が欧米やアジア、日本などに伝えられたと言われています。

大正末期から昭和初期頃に麻雀牌が中国から入ってくるようになると、文学史に名を残す文化人やジャーナリストなどが熱中し、彼らの綴る言葉や写真により日本全土に広まっていきました。

日本での麻雀ブーム

― 第一次麻雀ブーム ―

日本での麻雀ブーム

昭和に入ると、日本初の雀荘「南々倶楽部」を筆頭に、数年で1500軒を超えるほど雀荘が増えていきました。昭和6年には、日本麻雀連盟主催の第一回全国麻雀選手権大会が行われ、大勢の参加者にあふれて一日では処理できないほどの大盛況となりました。しかし、戦争への道を進むにつれて麻雀を楽しむ人は減り、雀荘も激減していきました。

戦後は、リーチ・ドラという新ルールの普及により麻雀への関心が高まります。
昭和22年には、日本麻雀連盟も再建されますが、戦前のルールは引き継がずにリーチ・ドラを取り入れた新ルールで麻雀を広めていきます。

― 第二次麻雀ブーム ―

昭和44年には「麻雀放浪記」が週刊大衆で連載され、昭和47年には麻雀専門誌「近代麻雀」が発行されるなど、メディアでも麻雀が取り上げられて大好評となりました。この頃が第二次麻雀ブームと言われており、第一次麻雀ブームのような爆発的なものではありませんが、徐々に麻雀愛好家は増え続け、大衆ゲームの一つとして定着しました。現在では、漫画やゲーム、インターネットの普及により、年齢や性別問わず楽しめる遊戯として多くの方に愛されています。

このような歴史を歩んできた麻雀を楽しみたい方は、横浜仙台広島京都・大阪など全国で雀荘を展開しているマーチャオへお越しください。
マーチャオは、有名な麻雀大会や各種メディアで活躍しているプロも多く所属しており、ゲストプロの来店率も高いです。自分の成績をweb上で集計でき、選んだキャラクターが成績によって進化するので、楽しみながら自分自身のスキルを高められます。一般的な雀荘だけでなく、麻雀教室や健康マージャンを開催している禁煙店も京都や神戸市三宮、下北沢に設けておりますので、初心者の方や女性の方も安心してご利用いただけます。

breitling replica breitling fake

fake hublot cheap replica breitling replica Tag Heuer
Top